見える化の機能とともに勝ちパターンも

SFAやCRMシステムを導入することによって多くのメリットが出るとされていますが、その中の一つとして見える化の機能もありますよね。これは、営業、商談のプロセスや進捗状況を見える化することによって、マネージャーとなる人、あるいは関係者がそれらを見ることで見込みの把握、場合によっては軌道修正などの判断もすぐに行うことが可能になります。これまでは、商談の途中で上司に報告書を書いて提出、それを見た上司は自分で判断またはさらに上の上司に報告、そして判断を仰ぐ、その後商談を行っている社員に指示、という面倒で時間のかかるプロセスを踏んでいたものが、見える化によって報告の必要がなく、判断も即座にもらうことができるわけです。また、経営陣は勝ちパターンというものも情報の分析から知ることができるので、市場に合った判断を下すこともできるようになります。営業支援ツールをサービスしている会社の中でも、この勝ちパターンをしっかり分析してくれる会社を探すことも重要な鍵となりそうですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>