SFA導入が失敗する理由

現代のビジネスはまさにスピードが命だと言っても過言ではありません。しかしながら、あまりに早く進んでいくビジネスに対して営業管理を漏れなくできているという企業は少ないのが現状。そのため現在凄まじい勢いで導入されてきているのが、営業管理が効率的にできるSFA(営業支援システム)なのです。が、企業の営業管理を救うはずのSFAは、高性能であるが故に扱うのが難しく、定着しないで失敗したという例は多くあります。元々SFAはアメリカ生まれのシステムなので、営業管理をするというよりも、SFAを使って指示を出すようなシステムになっているので、思うように活用ができないのかもしれませんね。また営業マンにとって使いやすい機能とマネージャーにとって使いやすい機能は違うという点も忘れてはいけません。マネージャーにとっては使いやすい機能でも、営業マンにとっては必要以上のデータを入力する事が増えるため、“後回し”になりがち…それが定着失敗を招く要因につながるというわけです。SFAを選ぶ際は、全てができるSFAではなく、“企業の目的に合った機能を深く利用できるもの”を選ぶ必要がありそうですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>