コミュニケーションを取る回数

CRMのコラムを読んでいると、見込み客という言葉をよく目にします。今回読んだコラムにも見込み客について書かれていたんですが、そこに面白い統計が。

CRMによって顧客情報を分析し、顧客にどのようなニーズがあるのかを探り、とあの手この手で新規の顧客獲得を狙っていると思いますが、獲得できた顧客とどれくらいコミュニケーションをとったのか、その回数がだいたい7回だったそうなんです。これを多いと思うか、それとも少ないと思うのか、営業担当者によってその考えは違うと思うのですが。

CRMの中でも新規の顧客獲得はSFAの機能を利用します。そして見込み客を長期的に良好な顧客関係へと発展、継続できるようにするために、CRMを使うということになるんですね。

7回という回数で商談する製品やサービスの紹介や利用するメリット、デメリット、販売金額や値引き、商談成立後のサポート体制など、様々なことが話し合われると思います。

この7回という回数を自社の営業の参考にされると良いかもしれませんね。

営業支援システムSFA

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>