BIG顧客管理Neoってどんなメリットが?

株式会社システムリサーチが提供しているイリイというサイトがあるのですが、こちらでは「企業のイメージアップをサポートするためのツール」がいくつも提供されています。

その中でCRM、顧客管理システムも提供されていて、その名称が「BIG顧客管理Neo」と言うそうです。このシステムには4つのメリットがあるとのこと。

1つ目は顧客のニーズそれぞれに最適な顧客管理ができること。CRMの最終的な目的は顧客満足度の向上にあり、この部分を徹底できるようです。2つ目は豊富な分析ツールが用意されていること。たくさんの情報をシステムに入力することもCRMには必要ですが、それを使えるように分析できることも重要ですよね。次への営業展開をしっかりとサポートしてくれるそうです。3つ目はアフターフォロー。顧客満足度を上げるべく、それぞれの顧客の情報に基づいた効果的なフォローができるようになるそうです。そして最後はセキュリティ。顧客情報の保護、そして権限によるアクセス制限など徹底しているので安心して作業を行うことができるそうです。

knowledgesuite.jp

老人介護施設でも

CRMが多種企業で導入が進められていることは知っていましたが、老人介護の施設でも使われているんですね。ある施設での事例があったんですが、この施設では入居前の面談の際の情報をCRMに入力。商談の内容や角度、プロセスなどを社内で共有することで、その後コンタクトの無かった入居希望者のリスト作成がすぐにできるようになったり、その角度に合わせたアプローチの仕方も可能となったそうです。

また、入居を検討している人に対しては、その家族の情報なども一括で管理できたり、情報が蓄積されていくことで、空室の管理なども的確に行えるようになったとのことです。今のことだけではなくて、これから先のこと、そして入居者だけではなくてその親族まできちんと管理できれば、もし担当をしていたスタッフが急にいなくなっても引き継ぎなどがスムーズに行えますよね。とくに人と人との関係性が重要になるこの職種では、このようなことはとても大事と思いますし、施設に家族を預けている側の人たちも安心できる材料になりますからね。