隠れたニーズも見えてくることが

顧客の管理ツール、いわゆるCRMを活用することで顧客自身も今は気づいていない隠れたニーズといういものも見えてくるようになるそうです。

一般的に利用されているCRMでは、顧客の様々な情報を一括管理できるようになり、顧客のニーズをこれらの情報から推測し、メールやDMなどで購買につながるような活動を行うことが可能となります。でも、もっと深く活用することで、この一般的な利用の仕方よりさらに突っ込んだところまでポイントを絞ることができるんですね。

ライバルの会社が多ければ多い程、このようなポイント、つまり隠れたニーズの掘り起こしが有効になってくるわけです。

そのニーズの掘り起こしがより具体的にできるようになるには、さらなる顧客情報の蓄積が重要となってきます。顧客の個人情報とともに、メールやDMの開封率、サイト内の足跡、アクセス回数など、自社のホームページ内でどのようなページ、商品に関心を寄せているのか、これが隠れたニーズの掘り起こしに重要な意味を持つわけです。

営業支援システムを比較する

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>