日々の変化にも対応可能

営業担当者は営業日報を利用することで毎日の自身の営業報告を行っています。日々、その過程は進み、変化していくため、タイムラグ無しで報告することが必要ですよね。営業現場でも他のビジネスの現場でもスピードが求められる時。リアルタイムで報告が挙げられることが、スピードに追い付く重要な手段となっています。

SFAを活用すれば、リアルタイムで報告がアップされるため、営業担当者も管理者も業務の効率化が図れますよね。日々の変化にも対応可能ですし、もし何か不具合が起きてもすぐに解決、修正ができます。

また、スマホ、タブレットなどのスマートデバイスを使っていれば外出先から空き時間を利用して入力もできるので、ムダな時間を過ごすことなく、かつ業務終了後にわざわざ帰社することなく営業日報が仕上げられるのも良いですよね。

ここぞ!という商機を逃すことなく、スピィーディーな業務を行えることは、ライバル会社の1歩も2歩も先を行くことも可能となりそうです。

knowledgesuite.jp

前年比3.7%増の938億5300万円

IDC Japan株式会社の調査結果によると、昨年の日本でのCRMの市場は「前年比3.7%増の938億5300万円で、2021年には1195億3000万円」と、かなりのペースで成長していくと予測されていたそうです。CRMってそんなに需要があるんですね~。

CRMでは顧客情報を管理して分析を行い、顧客に最適な情報を最も良いタイミングで提供できるようになります。欲しいと思っていたものを丁度良いタイミングで紹介してくれると、確かに嬉しいですよね。またコールセンターを活用することで顧客の生の声を聞くこともできるようになります。顧客から寄せられる不満や要望といったものが、新しい商品開発やサービスの開発にも繋がっていきますし、顧客の思いを企業が汲みとれば顧客の満足度も上がっていきます。

CRMという営業支援ツールではありますが、結局のところ人の気持ちを満足させられるようにできるのは人。そのためのツールが今後も注目されていくだろう、ということなんでしょうか。

SFAとiPadで

新規顧客獲得のために営業に回った際、自分が今持っていない資料を取引先となる会社から希望されたら・・。

資料やカタログって1冊、2冊なら良いですが、多くの製品を扱う会社であれば、その種類、数も覚えきれないほどですよね。それらを全て持ち歩くことは困難でしょう。しかし目の前に見込み案件がぶら下がっているのに、その資料をすぐに渡せないジレンマ。こんな経験、営業マンの方なら一度や二度あるのではないでしょうか?

SFAとiPad、このツールとアイテムがあれば、営業マンの業務効率化、そしてジレンマは一気に解消されます。SFAは営業マンの日報、案件、顧客などの情報を全て一括管理でき、それらをクラウドに預けておくことができます。iPadを持ち歩けば、取引先から欲しいと言われた資料もその場で取り出し、見せることが可能なんですね。

営業マンは重い資料やカタログを持ち歩く必要がなくなり、取引先にはすぐに希望の資料を提示できる。便利な時代になりましたね^^