複雑にしようと思えばいくらでも^^

SFAの運用が難しいということはよく知られていますよね。これを、知らず知らずのうちに複雑にしてしまい、さらに難しくしている・・なんていうこともあるようです。大変だ、それは^^

そもそもの話、SFAは属人化してしまっている営業を、ITを使ってサポートしていこうというもの。ところが、最初から面倒な作業が続くため、営業マンも途中で嫌になってしまうんですね。そして、さらには「あ!この機能も使えるから一緒に導入しておこう!」と、必要以上に機能をそろえておくと、さらに扱いが面倒になってしまうという・・。

では、複雑にさせず、営業マンもすんなりとSFAに馴染んでもらうにはどうしたら良いか、それは最低限の機能からスタートし、目標設定を数字で分かりやすくするということなんです。少しの成果でも感じられれば、また少しの機能だけで使い方をマスターすれば、営業マンも継続的に使ってくれるはずですよ。

シンプルにわかりやすく!これが導入後に必要なことのようです。

SFA(営業支援システム)料金の特徴

ビジネスマンに役立つアプリのひとつ

定期的に、ビジネスマンに役立つアプリ、というのがネットで出てきますよね。アプリの世界も入れ替わりが激しいので、それに合わせてアプリも更新されていくといった感じでしょうか。

最新のものを見ると、その中に名刺の管理ツールも入っていました。アプリだと無料のものが多いのですが、結構使えるツールになっているんですよね。中小企業だったり、自分で会社を立ち上げた場合、一般的な企業向けの名刺管理ツールでは規模が多き過ぎたり機能が多すぎたりと、スケールが合わないこともありますが、アプリだと使いやすいし規模も丁度良い感じなんだそうです。

スマホカメラで撮影すればすぐにデータ化でき、人脈も見やすくなるのでビジネスマンには役立つというより、必須のアプリになっていきそうですよね。