コンサル会社を使ってみる

SFAを選定する際、複数のベンダーのものを比較検討することになりますが、自社にSFAに詳しい人材がいない場合は不安じゃないですか?初期投資も運用費用もばかになりません。導入したものが自社の営業マンに合っていなければ導入失敗・・となる可能性もあります。

そこで、どこのベンダーのSFAが自社にあっているのか、目的をどのように定めたら良いのかなど、SFAの専門家がいるコンサルティング会社を利用するのはいかがでしょうか。ベンダーそれぞれに見積もりを取ってみたり、試用期間を使ってテストしてみる、ということも良いですが、まずは専門家に入ってもらって自社の体制を見てもらうということも、とても参考になるようです。専門家が自社の現状、営業マンの要望などを聞いてみると、もしかしたらSFA自体が必要無い場合もあるんだそうです。

ベンダーの選定にしても、公正な立場でプレゼンしてくれますし、選定から運用後までをサポートしてくれる会社もあるようです。お金のかかることではありますが、SFA自体を成功に導くには、惜しくないお金だと思われますね。

ベーシックなものから連携充実したものまで

最近のSFAって、さらに連携機能が充実したものが多くなっているんですね。

もともとSFAと言えば新規顧客を獲得するためのツールとして認知されていて、SFAを活用すれば営業管理、日報報告がクラウドで管理されることでグループ内で内容が共有化されます。そして、案件がどれくらい進んでいるのかもリアルタイムで上司が確認できるため、案件を進める際のミスや漏れなども無くなるんです。

また、新規顧客にアプローチをかける際に、過去のアプローチの成功、失敗から、今回はどういったことを気を付けたら良いのかということもわかり、戦略的な営業が可能になるんですよね。

しかし、最近はそれだけではありません。例えば名刺の管理ツールとの連携により、社員が交換した名刺を管理ツールでデータ化。そこから見込みの高そうな会社、個人をランキングで分けて、上位からアプローチをかけていくなど、確度の高い営業を展開することも可能になるわけです。最初はベーシックなSFAから、そして次第に機能を連携させていく、というのも有りかもしれませんね。