ベーシックなものから連携充実したものまで

最近のSFAって、さらに連携機能が充実したものが多くなっているんですね。

もともとSFAと言えば新規顧客を獲得するためのツールとして認知されていて、SFAを活用すれば営業管理、日報報告がクラウドで管理されることでグループ内で内容が共有化されます。そして、案件がどれくらい進んでいるのかもリアルタイムで上司が確認できるため、案件を進める際のミスや漏れなども無くなるんです。

また、新規顧客にアプローチをかける際に、過去のアプローチの成功、失敗から、今回はどういったことを気を付けたら良いのかということもわかり、戦略的な営業が可能になるんですよね。

しかし、最近はそれだけではありません。例えば名刺の管理ツールとの連携により、社員が交換した名刺を管理ツールでデータ化。そこから見込みの高そうな会社、個人をランキングで分けて、上位からアプローチをかけていくなど、確度の高い営業を展開することも可能になるわけです。最初はベーシックなSFAから、そして次第に機能を連携させていく、というのも有りかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>