アナログ管理の場合には

デジタルの名刺の管理ツールを使わずに、アナログ管理で効果的に名刺を使うにはどうしたら良いと思います?やっぱり肝心なのはどのような分類をするべきか、インデックスのつけかたですよね。

大まかに言うと、名刺の分け方は3つあると言われています。1つ目はアイウエオ順。会社の名前をア行から順番に並べます。次に交換した日順。最新のものを一番手前、あるいは最後に並べます。次にイベント順。これも交換した日に近い要素ですが、イベントで名刺交換を多く行う会社でよく利用されています。

業種や形態によって交換する名刺の数はかなり違ってくるとは思いますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、一度それぞれの分類をやってみて、一番使いやすい、探しやすい分類に決めるのが良いかもしれません。

knowledgesuite.jp/service/crm.html

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>