人の手は必要にならなくなる?

これからは、SFAなど営業支援ツールはますますその幅を利かせてくるのではないでしょうか^^システムの向上、AIの進化によって、人の手は次第に必要なくなり、営業もさらに効率化されるはず。最近はRPAと言ってビジネスマンが日々行っている単純な業務をロボットにさせてしまおう!というものの市場が拡大しているそうです。

簡単に言うと、記事の投稿などに時間を設定しておいて、あたかもその時間に人が投稿したかのようにできること。予約投稿ですね。

ただ、全てをロボットやツールに任せていたとしても、その対象となるのは人ですし、人が扱わないといけないものですから、やはり人の手は必要になってくるでしょう。ロボットやAIの解析が素晴らしくても、本当に人がそれに満足できるのか、判断し、改善を求めていくには、人がそこに介在しないとうまくいかないと。

あ・・、でも、人の顔色、表情、温度などから、人がどんな風に感じているのかも分かりますからね。。そうなると、ビジネスの現場では人の手は最小限で済むようになるのかもしれません^^

sfaとは説明

マーケティングに使いたい場合

CRMを導入して顧客満足度を上げる、ということはよく言われていますが、マーケティングの戦略を考えたい場合にもCRMは有効なんです。

CRMは顧客一人一人に最適な商品や商品の情報を、最適な時にお届けできるよう、顧客情報から分析できるツールでもあります。ということは、顧客それぞれに合わせたマーケティングが出来るということでもあるんですね。

どうせCRMを導入するにはお金も手間もかかります。これまで営業マンが苦手としていたマーケティングの施策をCRMでやってしまえば、簡単に最善の施策を手にすることができるんですね。そうすれば、お金も手間もかけた分だけ戻ってくることも夢ではありません。

どうせCRMを導入するのであれば、単に顧客満足度の強化だけではなくマーケティングを行い積極的な営業につなげていきたいですね。

ただ忘れていけないのは、実際にCRMを取り扱う営業マンが、使いやすく継続利用できる程度の画面であること、これが最も重要なようです。