CRM前に名刺管理

CRMを導入する際に気がかりなのが、社内にきちんとした顧客名簿が存在しているのか、ということです。せっかく費用をかけ、難しいCRMを導入するのに、顧客の名簿が無ければ話になりませんからね。

そこでおすすめなのが、名刺管理のアプリやツールです。エクセルに手打ちした名刺の情報よりも、OCRを活用したツールを使うことで、正確性の高い顧客名簿を作成することができるからです。

名刺をデータ化する際に、今後も必要な会社なのか、担当者なのかも判断していけば、CRMと連携することで、使える顧客名簿を作ることが可能となります。

CRMは、最初の顧客情報の入力がとても大変で、この時点で営業マンが音を上げてしまうと聞きます。でも、この最も過酷とも言える作業を名刺管理ツールと連携させることで、いとも簡単にCRMの土台を作り上げることが可能となるんですね。多少の時間がかかっても良ければ、無料のツールを使うこともおすすめです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>