導入すれば良いというものではない

現在の営業でもとりあえずは業績は保てているけれど、さらに業績アップを狙いたい、そんな時にCRMのことを聞きつけ、社内に導入したものの、思ったような効果が上がらなく、反対に社員の業務が破たんしてしまった・・。こういったケースも、今はレアでは無くなっているようです。

もともと現状でも2あるいは3つのシステムを運用し、業務を効率化しているはずです。その上CRMなど導入、運用が難しいと言われているシステムをプラスしてしまえば、社員たちの業務負担は増えるばかりで、こうなると業績アップなんて言っている場合ではなくなります。

実はこのようなケースってレアどころか非常に多いんです。経営陣主導でCRMの導入を進めることで、現場との熱量に差が出てしまい、現場の社員は納得できないまま導入となる。無理矢理管理者に言われて使い始めるものの、既存のシステムへの入力、CRMへの入力、と手間が2倍になってしまい、最も使いたい営業の時間が無くなってしまうんですね。これでは業績アップ何て誰が言ったの?と言いたくなりますよね^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>