今がその時かもしれません

ずっと前から導入をしたかったSFA。だけど、いつそのタイミングなのかがわからずもたもたしていて、結果的に導入できず終い・・という管理者の方も多いのではないでしょうか。では、どのようなタイミングでSFAを導入すると、効果的に活用できるのか、ここでご紹介しましょう。

まず、営業情報が見えなくて管理ができない!と、限界に達したとき^^それがタイミングとなります。営業マンそれぞれが営業を管理し、日報にも結果のみしか書いていなければ、その過程までが見えてきませんよね。結果を知った後に商談不成立の言い訳を聞いたところで、時すでに遅し。。商談中に営業状況を知ることで、何らかのアドバイスができたのに、と管理者は後悔するはずです。

また、ベテランの営業マンしかい結果を出せない。新人の教育に時間を割くことができずに困っている。こんな時にもSFAの導入タイミングとなります。営業プロセスの共有化によって、ベテラン営業マンの営業手法を見習い、営業力の底上げが可能となるんです。これらのタイミングをぜひ、参考にしてみてください。

潜在顧客の情報の紐づけができます

SFAと他のツールを連携させることで、より業務の効率化を図ったり、新規顧客獲得が容易にできるようになるって知っていますか?

と言うよりも、SFA単体で使っていてもあまりメリットを感じなかったけど、既存のツールと連携させたことでその効果を実感できた、という方の方が多いのかもしれませんね。勿論、SFAの中には様々な機能が備わっていますが、それらにいちいち情報を入力していては時間の無駄となります。それなら、現在使っているツールにはすべての情報はすでに入っているため、これらとSFAを連携させてしまえば、自動入力ということで、入力の手間は無くなり、さらに情報が次々と紐づけされていくため、情報を広い視野から見渡すことができるようになるんですね。

最近注目度が高まっている名刺の管理ツールを活用し、それとSFAを連携させれば今までに得ることの出来なかった潜在顧客の情報とも紐づけされ、新規顧客の獲得に大いに役立てられるはずです。ただ、連携できるツール同士でなければ、これらのメリットは一つも得られないということも確かです^^

名刺CRM紹介 |サービス案内