今がその時かもしれません

ずっと前から導入をしたかったSFA。だけど、いつそのタイミングなのかがわからずもたもたしていて、結果的に導入できず終い・・という管理者の方も多いのではないでしょうか。では、どのようなタイミングでSFAを導入すると、効果的に活用できるのか、ここでご紹介しましょう。

まず、営業情報が見えなくて管理ができない!と、限界に達したとき^^それがタイミングとなります。営業マンそれぞれが営業を管理し、日報にも結果のみしか書いていなければ、その過程までが見えてきませんよね。結果を知った後に商談不成立の言い訳を聞いたところで、時すでに遅し。。商談中に営業状況を知ることで、何らかのアドバイスができたのに、と管理者は後悔するはずです。

また、ベテランの営業マンしかい結果を出せない。新人の教育に時間を割くことができずに困っている。こんな時にもSFAの導入タイミングとなります。営業プロセスの共有化によって、ベテラン営業マンの営業手法を見習い、営業力の底上げが可能となるんです。これらのタイミングをぜひ、参考にしてみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>