入社した時のデスクに戻りたい・・

「あの時の整理整頓されたデスクに戻りたい・・」と思ったことはありませんか?^^

入社した当時は、デスクの上は素晴らしくきれいに整理され、何がどこにあるのかもすぐにわかったでしょう。その日に交換した名刺はすぐにファイルで整理したり、自分で手入力してデータ化したり。でも、日にちが経過、数年経ってしまうと、あの時交換した名刺はどこにあるのか・・。

せめて、業務に必要な名刺だけは数年経っても見つかりやすいように整理したいものです。アナログで管理するのであれば、自分でファイルを買い、目録を付けて整理する。外出先でも社内での共有を目指すのであれば、デジタルの名刺の管理ツールを活用する。この2択から選び、自分がこの先も便利で手軽に名刺情報を活用できる方法を、今のうちから慣れておくことをおすすめします。

詳しくはこちら

最高のタイミングを教えてくれます

営業マンの初心者だと、「今が決め手の時」なんていうタイミングってわかりづらいものです。誰だったそのような経験があると思いますが、後になって気づくんですよね。もしかしてあの時に手を打っていれば、商談は成立したかもしれないと。。でも昔であれば新人だから仕方がないさ、で済みました。そんなのんびりした時代だったんですね^^

でも今は違います。新人だろうがベテランだろうが、同じ線上で営業活動をしなければいけないため、この最高のタイミングというものを早く知る必要があるんですね。

そこでおすすめなのがSFAです。若い人なら、こういった営業支援ツールでも意外とサクサクと理解できるようです。スマホでも活用できるため、外出先から日々の日報を入力。営業情報を溜めていくことで、SFAが最高の決め時のタイミングを教えてくれるんですね。

また、上司も日報をリアルタイムで共有していますから、アドバイスなどもスピーディーに聞き取ることが可能となります。