Salesforceとの連携がすごい

CRMの関連ニュースを見ていると、Salesforceと他のソリューションを連携、ということをよく目にします。名刺管理ツールやコールセンターのツールなど、より顧客に近いものとCRMを連携させることで、情報は増え、確度の高いデータを抽出することができます。それを顧客に還元できれば、顧客は満足度を高め、またこの企業やショップを利用したいと思ってくれます。

このような非常に良い循環を作るためには、CRMだけでは今は事足りなくなっている、ということですよね。だから他のツールと連携させ、ライバル企業が行っていないようなサービスを提供できるようにしたりする。。

でも、他の企業との連携をするよりも、自社でそういったツールを開発し、連携させた方がコスト的にも連携自体にも良い効果を生むのでは?とも思うんですが・・。ただ、新しいものよりも、数年前からでも経験があり、ノウハウが蓄積されているツールの方が良い、という側面もあるのでしょうね。

担当者、企業、業界の変化を逃さない!

新規顧客獲得を目指し、またさらなる売り上げアップのためにSFAの導入を進める企業が多いのですが、実は、取引先となる企業の担当者、企業自体、そして業界の変化や動向を逃さない機能もSFAにはあるんです。

新しく取引を始めようとしていた企業の担当者、名刺情報からアプローチをかけたところ、もうその部署には居ないと言われたことはありませんか?また、本人と連絡が取れたとしても、役職が上がっていて恥をかいてしまった・・ということも。これでは、ビジネスの話をする前に結果は見えてしまっている感じです。また、相手のことを何も知らずにアプローチすることは失礼にあたるため、最新の情報を常に仕入れる状態にしておくことが大切です。

そこでSFAが役立つんですね。企業情報や営業情報を常にリアルタイムで社内共有できることとともに、ベンダや連携機能によって最新の情報に更新されていきますから、恥ずかしい思い、失礼なアプローチをせずに済みます。