博報堂プロダクツがNTMと資本提携

NTM(日本トータルテレマーケティング)は、おもにECへの支援サービスに強みを持つ会社で、CRM、コンタクトセンター、商品の在庫、入金、物流の管理といった、一連の流れを全てサポートできるソリューションを提供している会社だそうです。

このような会社と博報堂が資本提携することで、今までの業務の領域をさらに広げて事業拡大を図っていくそうです。主にそれは3つの領域。「コンタクトセンター」「フルフィルメント」「EC」などで、すでに博報堂プロダクツが持つものに新たな強みが加わることで、事業の拡大を行っていくと。

博報堂って、たしか海外でも手広く事業を行っていますよね。あれ?もう一つの大きな広告会社でしたっけ?^^広告の会社が持つ顧客情報って、実はものすごく広く、深いんですよね。この情報をいかにして活かし、活用していくか。活用がうまく行けば、会社の増益も相当な期待が持てるはずです。そのための布石として、他の企業との連携や提携を行い、いち早く業務拡大を図っているのでしょうね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>