こんなデメリットもあります

名刺の管理ツールはとても便利ですが、デメリットが意外に知られていません。無料のアプリでは、「えぇ!」ということもありますから^^知っておく方が良いでしょう。

まず、名刺を撮影してデータ化されるには時間がかかります。アップしたら即データ化!と思っている人も多いようですが、そんなことはありませんから注意してください。次に、制限があるということ。アドレス帳との連携なども、制限がありますから、サクサクと今持っているツールと連携が出来るとは思わない方が良いでしょう。

そしてここが一番の問題。市場を占めているような有名ベンダ以外、知られていない無料アプリにおいては、セキュリティ対策ができていない、むしろ悪用される、といったこともあります。ここ、非常に重要であり、デメリット以上の危険がありますから、利用前の確認が必要です。

新人の活用法

CRMは、新人のスタッフが使うには難しいツールだと思いますが、上司がCRMを活用して新人スタッフに的確なアドバイスを送ることは可能です。

例えば、4月に行った訪問先。その時には受注はできなかったが、7月に入りそろそろ行った方が良いのでは?といったアドバイスができるわけです。入りたてのスタッフは、きっと4月の仕事はじめの時のことなんていちいち覚えていないほど、緊張感に包まれていたはず^^そのままそのスタッフ任せにしていては、その訪問先に次にいつ行ったら良いのかなんて考えも及ばないでしょう。目先の営業に追われているはずですから。

もちろん、新人にぴったりとくっついて営業を教え込むことも良いのですが、そんなことをしている時間も現在の営業マンには無いはずです。新人からの報告をリアルタイムで聞き、また、長中期的な業務のスケジュールをその都度CRMを使って整理してあげること。そしてこの状況を新人が一緒に学ぶことで、CRMの活用術を覚えることができますし、自分なりの活用法も会得していくはずです。