アメリカ仕込みの営業をするなら!

国土の広いアメリカで始まったインサイドセールス。いちいち見込み顧客の会社や家を訪問せずに、会社に居ながらセールスを行う手法ですね。それだけ聞くと、なんだ電話のセールスと一緒じゃん!と思ってしまいますよね。まぁそれはそうなんですが^^そこには、きちんとした営業テクニック、システムの活用というものがあるんです。

イベントに参加したりセミナーを開いて、まずは名刺を獲得します。ここである程度見込み顧客を獲得することができます。すぐに名刺の管理ツールでデータ化し、いつでも見込み顧客情報を取り出せるようにします。見込み顧客に電話をかけたりメールを送り、蓄積された情報を元にそれぞれの顧客のニーズを把握していく。そしてマーケティング結果などとも連携させて、顧客に最適な商材を顧客が満足できるような提案で行っていく。

流れを簡単に言うと、こんな感じです^^


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>