確認が必要です

たったこれだけの枚数しか無料で使えないの?と、一旦名刺の管理ツールを使いはじめたところで気づいた人がいました。その数10枚だったかな・・。

今もそんなツールがあるのかは知りませんが、名刺の管理ツールを活用し始める時には、いくつか確認しておくことが必要です。とくに無料の場合には。

無料のツールであれば、10枚以上はできませんというように枚数制限があったり、データ化に時間がかかったり、OCRのみでデータ化しているのでミスが多かったり。デメリットと言えるかわかりませんが、「あれ?」と思うような事態が起きても無料なので仕方無いんですよね。

また有料のものでも、セキュリティ対策がしっかりと行われているのか確認することも重要です。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>