保管場所も手間も激減します

名刺はみなさん、名刺ファイルに入れていますか?それとも会社のデスクの小さな箱に入れていますか?

アナログ管理も良いものですが、ここではデジタルの管理も良いですよ、ということをご紹介したいと思います。デジタルでの管理ということは、名刺の管理ツールを活用するということ。ツールを使えば、まず名刺の情報をデータ化でき、名刺そのものを持っていない時でもスマホですぐにチェックできます。また、共有財産として社内のすべての人も活用できるようになります。

たくさんある名刺の保管場所も必要無くなりますし、社内すべての名刺の整理にも役立つでしょう。また、ベンダーによっては、人事情報を更新してくれますから、自分たちでいちいち人事を調べる手間も必要無くなるんです。

名刺の管理ツールを一度使ったら手放せない、と言われるのはこういった理由があるからなんですね。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>