まずは投資

名刺の管理ツールの市場で大きなシェアを持つSansan。赤字が続いていると報道されています。その原因はテレビコマーシャルなど広告費がかかりすぎているから、とのことですが、それでもテレビではコマーシャルが流れていますよね。なぜか不思議だったのですが、理由がわかりました。

それは、名刺の管理ツールというのは導入した企業のほぼ100%が継続利用しているんだそうです。一度導入してもらえれば、永続的に使ってもらえるということ。なので、今はコマーシャルによって会社の認知度をアップさせる時期であり、さらに市場のシェアを広げていくこと、つまり現在は投資の時期と考えているようです。「とにかく一度でいいから、企業に「使ってもらうこと」を狙っている。」ここがポイントのようです。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>